ページトップ

ホーム / 技能士会 / 技能士会概要

技能士会

山形県技能士会概要

技能向上に関する事業

  1. 技能向上研修の開催及び研修に対する助成
  2. 技能五輪全国大会参加の選手への支援
  3. 技能グランプリ全国競技大会参加選手への支援(隔年開催)
  4. 全国技能士大会への参加
  5. 若年技能者技能競技大会協賛支援
  • 技能グランプリ(染色補正)

    若年技能者技能競技大会

  • 技能グランプリ(フラワー装飾)

    技能グランプリ(フラワー装飾)

  • 技能グランプリ(染色補正)

    技能グランプリ(染色補正)

技能士尊重・気運・醸成普及と技能士活用促進に事業

  1. 技能まつりへの協力・支援

    技能まつりは、技能の振興・啓発を図り、技能尊重社会をつくることを目的に毎年開催しております。ものづくり体験コーナーなどもあり、実際に触れることで、技能のおもしろさ、大切さを感じることができます。

    開催日:毎年10月下旬
    会場:未定(県内数カ所で開催予定です)

    【過去の技能まつりの様子】
    • (会場:河北町「遊蔵」)

    • (会場:鶴岡市「小真木原公園」)

    • (会場:長井市「長井高等職業訓練校」)

  2. 技能士活用促進
    • 技能士の現場常駐制度の普及確立
    • 県、市町村及び関係機関への要請
  3. 熟練技能の普及(全国技能士会連合会と共催事業)
    1. 全国技能士会連合会マイスターの認定

      優れた技能をもつ技能士に「全国技能士会連合会マイスター」の称号を付与し、ものづくり、人づくりの両面で大きな役割を担っていただく事業。

      【対象者】

      • 技能検定試験の特級、1級、単一等級の合格者(国の卓越技能者及び高度熟練技能認定者を除く)。認定期間は5年とし、5年ごと更新を行う。
      • 実務経験20年以上で、かつ45歳以上65歳以下の者または同等以上の者
      • 認定対象職種は技能検定全職種
      • 認定される職種及び人数は、1県当たり1職種1名の4職種4名程度
    2. 製作技能士名表示(顧客志向に応える全技連ブランドセール)
      • プロの腕前証明
      • 技能士のいるお店の紹介
    3. 技能士手帳、技能士カードの発行

      技能士となられた方々を広く世間全般に公証し、個人の評価を高めると共に、技能士としての誇りを持って活躍し意欲の高揚を図るため技能士手帳、技能士カードの発行を行っております

    4. 技能士を公証する技能士門標、記章等の斡旋

      地域や企業の人たちとの接点として重要な役割を果たす優れた技能士であることを公証する「技能士門標」や「記章」の斡旋を行っております。

調査・広報事業

新技術の導入、技能水準を高めるための施策の充実、技能尊重の気運を醸成するための情報等の提供。

技能士会会員の拡大と組織の充実

技能士に係わる各種事業を行うにあたっては強力な組織力が必要であり、会員の拡大と職種単位の技能士会・地域単位の技能士会を設立促進し、技能士会活動の基盤強化を図るための山形県技能士会連合会の設立を促進する。

技能士福祉事業

全国技能士会連合会交通災害共済制度の加入促進

【期間】
6月1日より1年間(申し込みは毎年5月)

保険料と補償額(1名、1口あたり)は下記の通りです。
なお、最大で1名につき50口までご加入いただけます。

  Ⅰ(基本プラン) Ⅱ(入院通院付プラン)
交通災害弔慰金
(死亡保険金)
20万円 20万円
交通災害見舞金
(後遺障害保険金)
0.6万円~20万円 0.6万円~20万円
交通災害見舞金
(入院保険金日額)
- 270円
交通災害見舞金
(手術保険金)
- 手術の種類により入院保険金日額の10倍・20倍または40倍
交通災害見舞金
(通院保険金日額)
- 150円
保険料 100円 300円